ラパルマ | lapalma

1978年、ラパルマ(lapalma)はイタリア・ヴェネツィアから約35km西側に位置する街パドバ(Padova)で起業。ラパルマの基本哲学は品質、加えてモダンなデザインに根ざしたユニバーサルな製品の提供を目指しております。素材は木材、革、金属、枝編み細工、ガラスなど天然素材を使用することにより人々と長く生活を共にする事が出来ると考えております。日本に於いて、ラパルマの名前を知らしめたのは2000年日本人デザイナー安積伸+朋子両氏が発表したミニマルなハイ・スツール、レム(LEM)の人気によるもので、2001年日本に於いてグッドデザイン賞を受賞。